So-net無料ブログ作成
検索選択

宮川大助、花子さん 米子で大山ウオークPR(産経新聞)

 お笑いタレントの宮川大助、花子さんらが26日、鳥取県米子市を訪れ、今年で10周年を迎える「大山と遊ぼう!大助・花子の健康ウオーキング大会」をPRした。秋の大山を宮川さん夫妻と歩く大会は平成13年から続けられており、今年は10月2日に開かれる。

 長女のさゆみさんや弟子らと同市役所を訪問した大助さんは、野坂康夫市長らに「大会の時期にはコスモスの花がきれいで、この10年本当に楽しんだ」と語り、脳梗塞(こうそく)で倒れた19年には参加できずにバスで待機したエピソードを披露。花子さんも「みんなが『おかえり』と迎えてくれるのがうれしい」と話した。

 大会は、12年に起きた県西部地震の被災者を元気づけようと、同県境港市出身の大助さんが提案。賛同した自治体や企業などが実行委を結成して開いている。

 今年は、例年の10キロ、4・5キロの2コースに加え、2・5キロコースも新設。9月24日までに申し込めば参加費2千円。当日参加は2500円。問い合わせは大会実行委((電)0859・37・2311)。

【関連記事】
城東署一日署長の宮川花子さん、高齢者交通安全大会に参加
鬼太郎たちが中部空港に 鳥取県が観光宣伝活動
鳥取砂丘 「砂の惑星」に降り立った
「男女平等度」1位鳥取、最下位は埼玉!? 東北大教授が算出
住雲寺のフジ見ごろ 鳥取県大山町
虐待が子供に与える「傷」とは?

<COP10>「10月に名古屋」覚えて 地元の認知度7割(毎日新聞)
パラ五輪で金5個の河合氏「みんな」から出馬…二刀流には「NO」(スポーツ報知)
<降格人事>残業代払わず労組結成の職員を課長級→係長級 北海道体育文化協会(毎日新聞)
「大阪維新の会」参加期限は6月中下旬(読売新聞)
外務省局長、26日訪韓=米関係者と哨戒艦対応で協議(時事通信)

エコポイント「大きな成果」=直嶋経産相(時事通信)

 直嶋正行経済産業相は14日の閣議後会見で、15日に導入から丸1年を迎えるエコポイント制度について「需要創出効果と、企業や消費者に省エネや環境対策の行動を起こすきっかけを与える効果があった」と振り返り、「非常に大きな成果を上げた」と評価した。
 4月からはポイント付与対象の商品が絞り込まれたが、「今後も省エネ家電の普及に役立ち、かつ景気浮揚につながってくれればいい」と、効果の継続に期待感を示した。 

【関連ニュース
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】トヨタ リコール問題
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜

ワンコイン英語塾人気 “苦学”同志社大留学生「500円、学費の足しに」(産経新聞)
出会い系、「婚活」女性もトラブル続出(読売新聞)
廃棄物業者を逮捕 8400万円資産隠し疑い 大阪地検(産経新聞)
飲酒運転に同乗、巡査逮捕=現場から逃走―長崎県警(時事通信)
振り込め詐欺「手渡し型」が横行 神奈川(産経新聞)

<もんじゅ>「検証指示した」文科相(毎日新聞)

 試験運転中の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で10日、制御棒の操作ミスで試験が一時中断した問題で、川端達夫文部科学相は11日の閣議後会見で「制御棒の操作は一番の根幹。訓練していたはずの部分でどうしてできなかったのか、今一度検証するよう指示した」と述べ、運営する日本原子力研究開発機構に対処を求めた。

 また、運転再開直後の6〜7日に燃料破損の警報装置が誤作動した問題も「(7日朝に同機構の)会見があったのに言わなかったのは反省事項だ」と述べ、軽微なトラブルでもすべて可能な限り迅速に公開するよう、機構に改めて徹底を求めた。【山田大輔】

【関連ニュース
もんじゅ:ナトリウム温度が一時上限値超え 警報が作動
もんじゅ:再開に期待と懸念
もんじゅ:運転再開 火災から14年ぶり
もんじゅ:地元の要望、国が受け入れることで合意 再開へ
もんじゅ:制御棒挿入操作にミス 試験を一時中断

<詐欺>「コピー機故障」と偽り代金だまし取る 無職男逮捕(毎日新聞)
堺の虐待死「腹にひざをのせて圧迫」 男を起訴(産経新聞)
新型インフル1年 “本物の危機”への対応は?(産経新聞)
<劇団四季>14年間の常設公演に幕 福岡シティ劇場(毎日新聞)
<御殿場女性遺体>遺棄容疑で元夫逮捕 殺害も認める(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。