So-net無料ブログ作成
検索選択

「早く出して」子供たちはパニック 高槻バス炎上事故(産経新聞)

 スイミングスクール帰りのバスは壁に衝突すると、あっという間に炎に包まれた。「助けて」「早く出して」。煙が立ちこめた車内で、子供たちはパニック状態で窓をたたき、必死に助けを求めたという。救出された後も子供らの顔は恐怖にひきつり、ショックの大きさをうかがわせた。

 「運転手が突然苦しみだして、ハンドルを離して首を手でおさえていた」

 バスの最前列に乗っていた小学3年生の男児(9)が、事故直前の運転手の様子を証言した。男児によると、バスは約30秒間「フラフラになった」後、道路右側の壁に数回衝突して停車、その直後に車内に煙が立ち込めた。男児は昇降用のドアから避難したが、運転手は意識を失い、身動きができないまま。乗客全員が避難した直後に、バスから炎が上がったという。

 男児にけがはなかったが、「頭から血を流している子や、泣いている子がたくさんいた。こんなの初めてなので、怖かった」と話した。

 高槻スイミングスクールによると、運転手は直前の健康診断でも体に異常はなく、「病欠は数年前に風邪で1日休んだくらい」という。スクールの児童らとも仲がよく、保護者にも慕われていたという。同スクールの上島功管理課長は「こういう形になって残念。事故に遭われたお子さまには申し訳ない」と沈痛な面持ちで話した。

【関連記事】
水泳教室の送迎バスが炎上、11人死傷 大阪・高槻
バスと接触、乗客けが 酒気帯び運転容疑の男逮捕
また大阪の地下鉄…朝ラッシュの事故に怒りの声
「職業紹介偽装し責任逃れ」女性バス乗務員が賠償提訴
バス炎上、53人が死亡 アフガニスタン北部

花会式前にお身拭い 奈良・薬師寺(産経新聞)
被害相談の女性にわいせつ、警部補を懲戒免職(読売新聞)
<普天間移設>沖縄・うるまで反対集会(毎日新聞)
券売機の釣り銭補充、100円と10円取り違え(読売新聞)
アイドリング!!!8号のフォンチーが大人の階段上る!「まずは色気をつけたい」
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。